観光タクシーを利用して充実した和歌山観光を

和歌山県は総面積の81パーセントが山地を占めていることに加え、太平洋から瀬戸内海へと続く海に面している自然豊かな地域です。そのため、和歌山県には雄大な自然に触れることのできる名勝や観光地がたくさんあります。和歌山県を観光する際は、電車やバスではなく観光タクシーを利用すると電車やバスにはないメリットを得られ、充実した観光地巡りにすることができます。

和歌山県西牟婁郡白浜町にある千畳敷は、円月島、三段壁とともに日本の名勝に指定されている有名スポットです。千畳敷は畳を千枚引けるほどの広さがある、というのが名前の由来で、その広さは4ヘクタールになります。広大な砂岩が太平洋の波の侵食を受けて、素晴らしい景色を生み出しています。千畳敷には白浜駅からバスに乗っても行けますが、観光タクシーであれば駅だけではなく、指定したところまで迎えに来てくれます。もちろん空港を指定場所にしても大丈夫です。空港からであれば、車で約10分ほどで到着します。

千畳敷から数分車を走らせた場所にある三段壁は、長さ2km、高さ60mの断崖です。エレベーターを使うと三段壁洞窟に入ることができ、波が打ち付ける臨場感を間近で味わうことができます。しかし、三段壁の駐車場はわかりやすいところに有料の駐車場があり、自分たちでくると、知らず知らずのうちに有料駐車場に止めてしまい駐車代を取られてしまう、ということが起こり得ます。実は無料の駐車場もあるのですが、有料の駐車場よりもわかりにくいところにあります。観光タクシーで来れば、地元に詳しいドライバーが担当してくれるので、そういった問題も起こりにくく、近くで降ろしてくれるため、限られた観光の時間を有意義に過ごすことができます。

平草原展望所は、三段壁から2.1kmほど離れた場所に位置し、車で約6分ほどで到着します。平草原公園の近くにある標高125mほどの展望台で、ここからは周辺の海や街などを一望することができます。ここから見る夕日や夜景はとてもきれいです。しかし、夕日や夜景が見れる時間まで少し時間がある場合、予定が決まっていればいいのですが、そうでない場合は近場の観光地や時間を潰せる場所を探す必要があり、探しているうちに移動時間が来てしまう、ということもあります。そんなときでも観光タクシーであれば、ドライバーが近くの観光地や時間を潰せる場所へさっと連れて行ってくれるため、充実した観光地巡りをすることができます。